« 餅まきのお知らせ | トップページ | フォレストの木の家 »

2020年2月11日 (火)

特徴

フォレストの家造りで欠かせない素材「ガルバ」。
 
Fotolia_130953883_subscription_monthly_m
木の家では外壁と屋根に採用しております。
 
正式な名称は「アルミニウム亜鉛合金メッキ鋼板」
アルミニウム55% ・ 亜鉛43.4% ・ 珪素1.6%で形成されています。
 
Screenclip1750x416
 
アルミニウム・亜鉛・珪素を融合させることで、耐食性・加工性・耐熱性・熱反射性などを最大限に活かした耐久性抜群の画期的な鋼板です。

屋根材として採用している理由は...
1、耐震性の高さ
ガルバ製の屋根は日本瓦と比べると1/8程度の重量なので建物に対する負担が軽くて済みます。
結果として地震の揺れに対する倒壊のリスクが軽減できます。
 
2、広範囲の施工性と水はけのよさ
Photo_20200211193501
水はけ能力に優れているので、瓦やスレート屋根では対応できない緩やかな勾配の屋根でも幅広く対応できます。
さらに一般的に採用されている屋根素材と異なり、近代的で存在感が感じられます。
 
外壁材として採用しているのは素材がいいのは当然ですが、何よりもデザイン性が高く見た目もスッキリとシャープな納まりですよね。。。 
このクールな佇まいがフォレストの木の家の特徴の一つです。
 

今週末2月16日(日)は清武町にて住まいの見学会を開催いたします。
これから家造りをお考えの方、木の家に興味を持たれた方、予約制となりますが是非一度遊びにいらして下さい。




miura

« 餅まきのお知らせ | トップページ | フォレストの木の家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 餅まきのお知らせ | トップページ | フォレストの木の家 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31